耐震強度が強い

最新の地震対策のある物件

新しく建てられる建物はその時の建築基準法に基づいて建てられるので、一定の耐震基準を満たした建物と言えるでしょう。せっかく新築の賃貸物件を探すのであれば、普通に耐震基準を満たしているだけでなくそれ以外のメリットがある物件を探してみましょう。耐震基準を満たしているだけだと建物は倒れませんが大きな地震が来た時には大きく揺れるので、家具や家電が倒れる可能性があります。そこで免震装置が付いているかどうかを確かめます。建物の下などに揺れを吸収する素材が設置されているので、倒れないだけでなく揺れ自体が起こりにくくなります。家具や家電が倒れにくくなればそれらの故障を防げますし、後片付けも不要でけがなどなく住めるでしょう。

新しいと構造の不安も少なくなる

賃貸物件を探すとき築年数が1981年以降であれば安心と聞くかもしれません。建築基準法に置ける耐震基準が変わった年なので、前と以降では建物の構造が異なり以降の方が安心して住めるためです。では1981年以降ならどの物件でも安心かですが、できれば新しい物件を選ぶ方が良いでしょう。1981年以降すぐにできた物件は一応耐震基準は満たしていますが、それなりに年数が経過しているので色々なところで傷みなどが出てきている可能性があり全てが安全と言えません。一方新築物件は耐震基準を満たしているだけでなく、部品なども新しくしっかり組まれているので安全性も高いと言えるでしょう。新築アパートは木造ではなく鉄骨を使うなど耐震性能が高い造りが多くなっています。

© Copyright Popular Rental Properties. All Rights Reserved.